RiaRiaインドネシア!

kacchan719.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「死」が近くにあるインドネシア

もう4月になろうとしている。この前新年を迎えたばかりのような気がするのに・・・はやいな~
日本では桜が例年にない早い時期に満開になったとか・・・
こちらは本来なら乾季になる頃なのに、毎日雨が降り続いている。
世界中で異常気象なのかな?
今週は、日本語学科に悲しい出来事があった・・・

命のはかなさ・・・
2年生の男子学生ウジェさんが、交通事故で亡くなってしまった。
ちょっぴり中性的な子だったので、女の子からも男の子からも好かれていて、いつもニコニコ顔で
周りをハッピーにしてくれ、みんなに愛される男の子だった。
a0247904_048812.jpg
いつもカメラを持ち歩き
たくさん写真を撮っているのに
ウジェさんの写真はこの1枚しか
なかった・・・
みんなの真ん中で「洋酒」と
書いた字を持って微笑むウジェさん
クラスのみんなをいつも笑顔に
してくれていた大切な存在だった
だけに、みんなの衝撃は大きい


去年、全学生が応募した「ビジネス企画」のプレゼンテーションで賞を取り、今年の4月から
「パパイヤを使った毛染め」ビジネスを実施するための15万円を獲得したばかりだったのに・・・。
山の上にある田舎町の貧しい家庭の出身で、オジェッ(バイクタクシー)、バス、アンコット(乗合バス)
を乗り継ぎ、1時間以上かけて大学に通っていた。オジェッのお金がないときは、歩いて山を下りていた
らしい。学費も親には頼らず、家庭教師のバイトをし、奨学金をもらって生活していた。
そんなウジェさんが、奨学金を貯金してバイクを買い、この新学期からバイクで通い始め、嬉しそうに
していたのに、そのバイクでの事故で亡くなってしまったのだ。

学校の帰りに・・・
しかも、その日は朝から休講続き・・・
唯一の授業は私の勉強会だけだった。出席自由の勉強会にいつもは出席していたのに
その日は、勉強会の後の授業も休講で、休講になると宿題がたくさん出るため、友人と
別室で宿題をしていて勉強会には顔を出さなかった。そして、宿題を終えて帰宅する途中、
まさに勉強会の時間帯に事故に遭ってしまったのだ。
午後のクラスが休講でなければ・・・宿題がたくさん出ていなければ・・・勉強会の前に
「始めるよ~」と声をかけておけば・・・と悔やんでも仕方がないのだけど悔やまれてならない。
朝早くに山奥から出て来ていたのに、全授業休講でその帰りに事故に遭うなんて・・・全く・・・全く・・・

翌朝、私の授業中に学生が騒ぎ出した。ウジェさんの事故の記事が載っている新聞を見た学生が、
病院へ行き「死亡」を確認し、皆に知らせたからだ。
事故後、小さなクリニックに運ばれ、その後、30分以上離れている大きな病院へ運び、そこで亡くなった
ということだ。救急車などは使われないので、救急処置などもされていないはずだ。
インドネシアの「死」に触れて感じるのは、日本でだったら助かったんじゃないかということだ。
デモでも亡くなる。ケンカでも亡くなる。ちょっとした病気でも亡くなってしまう。交通死亡事故は頻繁だ。
「死」が身近に溢れている。そのせいか命の重さが日本に比べて軽い気がする。

授業を中断し、先生方に連絡をしてからの流れの速さには驚いてしまった。
大学のバスの予約、アンコット(乗合バス)のチャーター、乗用車の確保(うちの車も使われる)、
休みの先生方の呼び出し。1時間後には、学科全員でウジェさんの村に向かう準備が出来上がった。

ウジェさんの村は、車1台通るのがやっとという細く急な山道を上って行ったところにあった。
授業中に「どんなところですか?」と聞くと、「水田や山、川、滝があって、静かで、きれいなところです。」
と言っていたのを思い出した。本当にきれいな村だった。
遺体はすでに埋葬されていた。一目会いたかったのだけど、イスラムでは埋葬は早ければ早いほど
いいのだそうだ。
a0247904_0202345.jpg
お墓に続く道
みんなでお墓にお参りに行く
土を掘って作ったばかりと
いう感のただようお墓
こんもりと盛り上がった土
の中に、昨日まで笑っていた
ウジェさんが横たわっているの
かと思うと、生と死の近さを
実感させられる
きれいな景色の見えるお墓
安からに眠ってね

家は、小さく、家具も何もない。床も壁もコンクリのままで、屋根は、瓦の隙間から空が見えるような家だった。
この村の、この家から地元では有名な国立大に通っていたということは、すごいことだったのだと思う。
ご両親もさぞかし将来を期待していたことだろうに・・・
a0247904_0262638.jpg
大学のバスで村に乗りつける
大学の名前入りのバスが
ドンと小さな村にやってきて
ウジェさんもご家族も
喜んでいるんじゃないかな
日本語学科全員
他学科の学生も大勢
お別れにやって来ていて
いかに好かれていたか
生前の人柄が偲ばれる

帰り際に、ご家族が私に何度も「ごめんなさい、ごめんなさい」と言っておられた。
「悲しい思いをさせて、ごめんなさい」なのかな・・・と思っていたら、
生前にしてしまった悪いことに対して、家族が代わりに謝ったのだそうだ。
「ごめんなさい」と言うことで、亡くなった方の罪が消えるのだそうだ。
断食明けの新年にも、みんな「ごめんなさい」と言い合い、1年間犯してしまった悪いことを
帳消しにして、あたらしい1年を始めるのがイスラム式なのだそうだ。
日本でなら「ありがとう」と言うような場合、インドネシアでは、なんでも「ごめんなさい」なのだ。
でも、やっぱり私は「ウジェさん、いままで素敵な笑顔をありがとう」と言いたいな。

翌日は、日本語学科特別措置で休講。今回の大学の対応には驚いた。
大学のバスを使っての全員でのお参り、そして、翌日の休講。
大学からはRP1,500,000(約15,000円)保険が出るのだそうだ。命一つにこの金額・・・
いつもいた笑顔が来週の教室にはないかと思うと、教室に入るのがつらいな・・・
本当に、私の任地・・・いろいろなことが起こるものだ。

リッチな小学校での文化祭
先週の日曜はタンタンの小学校で「文化祭」があった。
その日は、みんなそれぞれの役の民族衣装で着飾って登校。その凝りっぷりが半端じゃない!
a0247904_0562594.jpg
各民族の衣装に身を包んだ
子供たち
女の子は恐ろしいほどの
厚化粧をしている
衣装は、みんなサロンで
レンタルしてきているのだそう





各部屋も、それぞれの民族風に飾り付けされていた。これは、前日に業者や先生方で作った
ものなのだそう。衣装といい、飾り付けといい、素晴らしいんだけど、それはプロの手によるもので
手作り感がまるでない!
小学校の文化祭なら、小学生に作らせればいいのに・・・
お店も、レストランやピザ屋さんが来て販売していた。日本の保護者総出のバザーや、先生、生徒が
何日もかけて作り上げるイベントとは、違って「お金」の力で作り上げた感じがする。
a0247904_1131238.jpg
豪華絢爛な踊りグループ
みんなそれぞれお金を
かけてヘアメイクをして
バッチリ決めてきました!
という感じ・・・






a0247904_125260.jpg
タンタンは一人で
おりがみコーナー担当!
民族衣装は「甚平」!!








小さい子用には塗り絵コンテストがあった。カリンコロも軽い気持ちで参加したら・・・
受験番号が渡され、その受験番号が貼られた場所に座らせられる。
親は線の外に出させられる。制限時間もあり、説明後、紙が配られ、一斉に開始!
とまるで、試験会場のような雰囲気なのだ。
みんな、それぞれマイデスク持参で、汚れ防止の手袋をし、塗りカスで汚れないよう大きなブラシも持参!a0247904_123785.jpg
マイデスクなんてないので一人床に
置いた紙に塗り絵するカリンコロ
後ろの男の子の親がすごかった!
右横の赤いお母さん!
始まる前にさっと子供の横に行き
全ての色の指定をし、子供がクレヨンを持つ度に
「違う!そこは違う色!」「そこは色を変える!」
「時間を見て!」「急ぎなさい!」と
いちいちうるさい!子どもも、親の顔ばかり
見て色を塗っている
ものすごく上手なんだけど、全然楽しくなさそう・・・

a0247904_129155.jpg
塗り絵コンテストの結果発表
後ろの子は見事に準優勝!
大きなトロフィーに大量の賞品
そして、賞金!
優勝はRp500,000(約5千円)
準優勝はRp350,000
これは、こちらではかなりの額
そりゃ~お母さん必死になるはず
でも、この子絵が嫌いにならなければ
いいけど・・・

この文化祭、開始時間もはっきりしないし、終了時間もはっきりせず、みんなそれぞれ帰って
しまっていた。日本のように、一度クラスに集まって、朝は「1日頑張ろう!」と気合を入れたり
帰りには、「お疲れ」と1日の労をねぎらってから解散というような、団結!のようなものがまるでない。
派手な衣装のお披露目会のような感もあり。
a0247904_1334526.jpg
おまけ
学校の保健室
やけに高いベットが一つと
体重計と、身長をはかる紙が1枚
他には何もない
なんだかスッキリとした部屋
もちろん保健の先生なんて
いない!
高級私立でこれ・・・



復活祭(イースター)の連休
金曜日はキリスト教の復活祭の祝日で、3連休だったので、ちょっと車で遠出する。
a0247904_10563117.jpg
すこし郊外に行くと
こんなのどかな風景
今でも千歯扱きを使う農作業
千歯扱きって歴史の教科書で
習ったような・・・
日本の民族博物館にありそうな
農具もバリバリ現役のインドネシア
三毛作なので、この村は刈り入れを
しているけど、隣の村は水田という
不思議な光景も見られる

a0247904_1152455.jpg
レンガ、瓦作りの村
村中に赤いレンガが
積み上げられている
収穫した稲が干してある
なんとものどかな光景






a0247904_11115198.jpg
外出先での食事は
sotoというスープに
ご飯が入った猫まんまのような
食事と、黒糖入りの飲み物
それと、インドネシア人が
大好きな揚げ物&とうがらし





a0247904_11175746.jpg
やけに細長いテーブル
どうして?
なんで?
こんなに細いのかいな?






a0247904_14353240.jpg
教会で行われたイースターエッグの
ペイントコンテストに参加!
ただ色を塗るだけか・・・と思いきや
みんなゆで卵に着せるドレスや飾り、
髪の毛用の毛糸、その卵人形の家
なども持参していて、すごい飾り付け!
絵具と色鉛筆だけのうちの子供たちは
全く勝負にならず・・・
こちらの人ってば、普段はのほほ~んと
しているのにコンテストになると意気込みが
すごいんだな~


今週のおもしろ発見!
a0247904_1474194.jpg
新しい講師室にできたお祈りの部屋
ロッカーと柱の蔭の狭い一角に
先生方のお祈りのスペースが作られた
お祈りのときに着るガウンのような
物も用意されている(右のピンクの)
それにしても狭い
一人座るのがやっとというスペース
こんなところで心清らかに
お祈りができるってすごい
お祈りの時間になると交代で
先生方がお祈りをしている
a0247904_1551698.jpg
小学校の前の駄菓子屋さん
お迎えの運転手さんは
この前の屋台で時間を潰す
子供たちは、荷物を運転手さんに持たせて、
ここでお菓子を買い食いしている
タンタン曰く、「みんな好き嫌いが激しく
お弁当は残しまくっていて王子様みたい」
なのだそう
日本の学校の「残菜0運動」で給食を
クラス全員残さず食べていたのを
知るタンタンには驚きのよう

a0247904_14165739.jpg
こちらではお皿とスプーンを持った親や
お手伝いさんが子供の後をついて回る
光景をよく見かける
ここはファストフード店内の子供の遊び場
滑り台のところにはお父さんが
待機し、そこに来るたびに一口
ご飯を食べさせ、階段のところには
お母さんが水を持って立ち、水を
飲ませる!ご飯を食べる度に
滑り台が滑れるシステム!
a0247904_1085897.jpg
これは~キティちゃん?
切れ長の目が魅力的!
キティちゃんの顔がかばんのふたに
なっている
お値段は約1000円





a0247904_10175823.jpg
プルオケルトで一番大きな
スーパー
店内にフォークリフト?
営業時間内のお客さんが
いっぱいいる中を
ガンガンにフォークリフトが
走り回っている
お客さんはそれを避けながら
お買いもの
危なすぎない!?


a0247904_1027512.jpg
同じスーパーの売り場に
溢れる店員さん!
各商品に売り子さんが配属
されているようで、通路に
ウジャウジャいる!
何もせず、こうして1日おしゃべり
はっきり言って、買い物の邪魔
なんですけど~
人余りの国インドネシアの現状


a0247904_10342722.jpg
カラフルな食材
とってもかわいらしい
でも、買う気にはならないな~







a0247904_1042555.jpg
カニ味、ロブスター味
絵がやけにリアルで
食欲がそそられないんだけど・・・









a0247904_10491186.jpg
ネギ味!
「ネギバターケーキ」
このお菓子メーカーEGOって
チャレンジャーだな~
「恋愛のはさみ心ケーキ」
にはカリンコロ魅かれていた様子
次回買ってみようかな~



a0247904_0383182.jpg
日本から持ってきた朝顔の種と
風船かずらの種をまいておいたら
朝顔が咲いた
朝、紫やピンクに咲いた朝顔を
見ると元気になる
そして、明るい気分になれる
から不思議なパワーを持った花だ
でも、帰って来た時には
しぼんでいる朝顔
花の命も、儚いね・・・


a0247904_1415422.jpg
恒例のデビット君Tシャツ!
今回は「秘密警察」
その色じゃ秘密警察
目立ちすぎるでしょ!
このデビット君が
ウジェさんの病院へ行き
受付で確認してから
みんなに知らせてくれた
お勉強はできなくっても
とってもいい人♪


世の中、何が起きるかわからない。一日一日を感謝しながら大事に生きていかなきゃなと
あらためて思わされた出来事だった。
[PR]
by kacchan719 | 2013-03-31 16:01 | 日々のこと

タンタン水泳大会出場!大会運営の実態は?

病の巣窟から脱出!
2週間以上続いた病人のいる生活から、なんとか解放されたよう・・・
前回のカリンコロの風邪は、もちろんタンタンにもうつり、タンタン風邪でダウン!
その後は、いまのところ誰も発病していない・・・このまま病原菌が出て行ってくれると
いいのだけど・・・
a0247904_145188.jpg
こども達が風邪でダウンの頃
私は謎の虫刺されに苦しむ!
手、足、お腹も背中も
小さな赤い虫刺されの痕が
いっぱい!
狂ったように布団、ソファを
干して、たたいて大掃除




タンタン県大会出場までの道のり・・・
通っている小学校から水泳の代表選手として選ばれて、県の大会に出場できることになった。
言葉の問題で、いつもテストは再試験を受けさせられているし、日本でのようなお調子者ぶりも
それほどは発揮できてないようだし、学校でいいところや自分らしさが見せられずに悔しい思いを
しているんじゃないかな?と思っていたので、とっても嬉しかった♪
日本で水泳を習っていたときは、コーチに大会の出場を勧められても絶対に出たがらなかったのに、
今回は自分から「出たい!」と言い、出場が決まるとまさに飛び上がって喜んでいた♪
a0247904_046594.jpg
でも、いつもプールでは遊ぶだけで
もう1年以上まともには
泳いでいなかったので
プール友達チェルビン君の
お父さんトトさんに頼んで
急場しのぎの特訓をしてもらう





いよいよ週末が大会だという時になって、プールへ練習に行くと、トトさんが「小学校が申し込みに遅れた
から、エントリーに間に合わなくて出られなくなったよ!」と教えてくれた。
言葉を失ってしまった。
張り切っていただけに、どんなに悔しいだろうかとタンタンの気持ちを考えると、悔しくてたまらず、
学校に対して怒りがフツフツと・・・子供の気持ちになって対応できないのか!と怒鳴り込みに行こうか
という勢いの怒りで「パパだけでいいよ・・・かっちゃんが行くと・・・子供としては恥ずかしいから・・・」
と言われてしまった!
a0247904_053811.jpg
プールからの夕日
夕日があまりにきれいで
泣けてきちゃう!
本当にインドネシアってば・・・
せっかく自信を持たせて
あげられると思ったのに・・・
1年に1度の大会で
ラストチャンスだったのに
本当に・・・残念・・・
タンタン翌日は学校で発熱早退・・・


あ~悔しい!あ~本当にインドネシアってば~と嘆いていたら、その「インドネシアらしさ」が幸いして
開催日がなぜか平日に延期され、出場できることになったのだ~!
やった~!さあ、がんばるぞ!とタンタン風邪も吹っ飛び復活!
でも、直前になっても詳細は分からない・・・そこも、「インドネシア的」で本当に出場できるのかと
不安なまま、いよいよ大会当日!
プルケルト市を含むバニュマス県の小学生~高校生の各校の代表が集まっていて、かなりの賑わい。
50メートルの大きなプール、大勢の人を前に一気に緊張感が高まる。
エントリーしに行くと、タンタンの名前が女性の方に登録されていることが判明! 当日になっても
参加できるのかが分からない状態・・・どうなってるの!?
写真も提出してたし、年齢証明のためにパスポートのコピーも提出していたのに・・・
そして、クロール50メートル、平泳ぎ50メートルで登録を頼んだのに、クロールだけになっている。
しかも50と100メートルで。
平泳ぎの飛び込みとかを特訓してきたのに・・・と言うと、「小学生は平泳ぎの種目はない」
という説明。ところが、試合が始まると、次々と小学生が平泳ぎに参加していた。
全くどれだけいいかげんなんだか・・・何が本当で何がウソなんだか・・・混乱錯乱状態のまま
大会は進み、クロール100メートル・・・タンタンは100メートルは練習していないから自信がないと
言っていたのを、大丈夫よ~と説得していたら、当日に急遽、女性から男性に変更したから、
小学生枠に空きがなくて、中学生の部での出場になっていることが判明!
体一つ、いや二つは大きい子達と・・・それでなくても100への参加を渋っていたのに・・・
結局、小学生の50メートルだけに出場することに・・・は~泳ぐ前から疲れた~
a0247904_1315944.jpg
緊張のスタート
結果は全体で6位!
本当はトロフィーを狙っていた
ようなので、ちょっと残念だったみたい
でも、県大会6位はまずまず!
なによりも、参加できたことに感謝!
自分から出場しようとしたことも
自分の思うようには物事が
進まないこともあると学べたこともよかった♪
それにしてもインドネシアの運営って・・・

おまけ インドネシアのプールの常識
a0247904_1394138.jpg
水着の下にはパンツをはいている
ほとんどの人がパンツをはいたまま
水着着用!
そのパンツってきれいなの?
水着の人よりTシャツ、短パンのまま
泳いでいる人のほうが多い
小さい子なら裸も多い
大人でも下着のトランクス一枚の人も
ちなみにインドネシアにはこの子のような
ぽっちゃりさんが非常に多い
特にお金持ちの子に
プールで聞いた親子の会話
子供:「パパ~おしっこ~」
パパ:「プールの中でしちゃいなさい!」
周りには人がたくさんいたけど、非難する人も、驚く人もいなかったところを見ると・・・
それって、みんさんもやっていらっしゃる?

遊具は魅力と危険がいっぱい!
安全がビシッと管理された日本から来てみると、こちらの危機管理はどうなっているんだ?
と恐ろしくなるほど、なんでもあり状態!
ちなみに、プールの水質検査なんてしているところ見たことない!水は濁っているし、かなり汚そう!

a0247904_154207.jpg
この4人乗り自転車
ハンドル、クラクション、ウインカーも
ついていて車みたい
そう、車のように車道を走っていいのだ!
それも、大通りを!
しかも、逆走で!
アルンアルン(広場)の周り2周で150円
かなり車通りのある大通りを逆走しながら2周!
しかも、運転手はタンタン!
命がけの遊具

a0247904_2391821.jpg
近所の幼稚園の遊具
所狭しと並んでいるカラフルな遊具
日本では危険だからと
どこの公園からも姿を
消したようなものもいっぱい
しかも至近距離で
子供同士でぶつかったり
しないのかな?
だいたいどこも幼稚園は
狭い園庭に遊具がびっしり!


a0247904_23194867.jpg
人力遊園地
自転車のペダルを
こぐと動くタイプの
遊具はいたるところで
見かける
手作り感たっぷり
観覧車タイプはかなり
高くまであがってるけど
メンテナンスはどうなのかな?


a0247904_23315911.jpg
壊れた遊具
ここはプルオケルトの
メインストリートの
メインスタジアムの中にある公園
ほとんどの遊具が壊れていて
廃墟のよう・・・だけど、週末は
賑わうメインスタジアム内に
あるので利用者はかなりいるはず
管理はどこが・・・公の施設の
ような気がするんだけどな~


a0247904_0324646.jpg
スタジアムはメインストリートに
面しているのだけど、敷地内の
公園の周りは田園風景
奥のほうに見えているのは
プルオケルトで一番背が高いホテル
道を一歩入ると、こんなに
のどかな風景なんだな~
もちろん、この遊具も壊れてる
このひも今にも切れそう・・・


a0247904_1464060.jpg
水泳大会の会場で見つけた
ドラえもん!?
舌を出したドラえもんって
なんだか見たことない感じ
これもとっても手作り感たっぷり!






 

今週の食事
一時帰国中に、いろんな人に日々どんなものを食べているのかって聞かれたので、今週の
我が家の食事をいくつかご紹介!
a0247904_0591345.jpg
お気に入りのお店の
Take out
「ラウン チャンプル」
牛肉を煮込んだスープのようなのを
ごはんに混ぜて食べる

こちらでは、食べ物や飲み物は
こうしてビニールに入れて持ち帰る
スープもサンバル(辛いソース)も
ビニール入り

a0247904_12615.jpg
お弁当
この油紙&バナナの皮に
ごはんとおかずを包んだスタイルが
一般的なお弁当
これを上手に手で食べている
これで40~70円ぐらい





a0247904_118029.jpg
パン&ケーキ屋さん
カラフルな色に、
バタークリームたっぷり
全くそそられない!
タンタンが好きなのはバナナが1本
丸ごと入ったバナナパン
私が気に入っているのは、緑豆が
入ったアンパンもどきパン
あ~おいしいパンとケーキが
食べたい!


最後のおまけ!
a0247904_195433.jpg
270ページの次が327ページの辞書
[b]の次は[h]まで調べられないって
どんな辞書なの?
買う前はビニールに入っているので
中身の確認はできない
でも、これって~販売しちゃダメでしょ?
せっかく勉強しようかと思ったのに
これじゃね~




なんでもありなインドネシア!
今週も「まいった!」という感じにやられっぱなし・・・
いつの日かインドネシアで起こることを「あ~それ想定内」と冷静に対応できる日は来るのだろうか?
[PR]
by kacchan719 | 2013-03-24 04:18 | 日々のこと

まだまだ新発見!驚きだらけ!のインドネシア

病魔が住みついた家
先週40度の高熱でダウンしたカリンコロが復活したと思ったら、翌日にはタンタン発熱!
やはり、40度を越す高熱!
二人とも突然発熱!そして、熱だけ!しかも、高熱!なのに、機嫌がいい!という謎の病気!
タンタンは解熱剤で37度台になり、またすぐ40度というのを2日間繰り返し、脳がやられてしまう
んではないかと心配・・・(元々やられてた?)
タンタンの熱も下がりホッとした翌日には、私が38度の発熱!お~このまま40度にまっしぐらか!?
と恐れおののきつつも、翌日に職場に大切なお客さんが来る日だったので気合で治す・・・が
高熱にならなかった代わりに、37度台の微熱が続く日々・・・
微熱のみで、たいしたことはなさそうとホッとしていたら、カリンコロ再び発病!
38度の熱に鼻水に咳、今回は風邪のよう・・・
みんなが弱っているときに、インドネシア人のくせしてナディまでが腹痛下痢でダウン!
これだけ、みんながダウンするってことは、家の衛生面に問題があるのではと、大掃除!
この大雨で家のいたるところにカビ発見!
日本から戻って、急激な気候の変化で、体調がおかしくなっているのかな?
日本も今は季節の変り目、体調管理はしっかりと!

一喜一憂の日々
職場にやっと電気が通った!ポンプも動くので水も出るから、トイレも使える!
でも、エアコンなしで汗だくの日々は続く・・・。
インターネットも使えない・・・。

そんな、職場に先週ジャカルタのディクティ(高等教育庁)からお客さんが来てくださった。
ディクティに日本人の専門家の方がいらっしゃると知り、コンタクトを取ってみたところ
「主要大学に偏っている日本との交流を地方にも!」というまさにこちらが願っている活動をされている方で、
早速大学に来ていただいて話を聞いていただくことになったのだ。
a0247904_19262845.jpg
歓迎式典
急な決定になるとインドネシア人の
パワーはすごい!
前日に練習して、当日「翼をください」を熱唱!
2番まで歌詞も見ず、きれいに
はもって歌ってくれ感激!
小さなホールに100人近くが入り、熱気で
部屋の中はムシムシ~ムンムン~
スーツ姿でいらっしゃった
お客さんは汗びっしょり・・・

a0247904_19333855.jpg
翌日は朝から大学本部で面談
リフォームされたばかりの学長、副学長の
部屋も、まだエアコンが使えない・・・
出来立てほやほやの副学長の部屋
に15人ぐらいが集まり、部屋の中は
まさにサウナ!滴り落ちる汗・・・
このゴージャスな部屋にはおそろしく大きくて
豪華なイスがあるものの、そこに座るべき
副学長は・・・どこにいるのか
警察沙汰になって以来大学には全く姿を
現さない幹部・・・新築の部屋がまぶしすぎる!

ジャカルタからはるばる5時間半かけてやってきてくださったお客様
「車窓からの景色が美しくて、涼しそうに見えたんですけどね・・・」とのコメント・・・申し訳ないほど
暑かった!
でも、実りあるお話ができ、今後につながっていけそうな感じでよかった♪
と喜んでいたら、この専門家の方の存在を教えてくださったり、学生が日本に行くチャンスを与えて
くださったりした大使館の担当の方が3月末で日本へ帰朝されることが決まってしまった。
去年の12月、知名度もない、交流も、情報も、つても何もない地方大学で、どう活動したら
いいかと閉塞感でいっぱいだったときに思い切って大使館に相談に行ってみたら、お忙しい中
私の愚痴をずっと聞いてくださり、いろいろなアドバイスをくださった方で、その訪問のお陰で
ずいぶんと道が開け始めたのでお礼に伺いたいと思っていたのに・・・
大学で最強のサポーター第4の副学長を失い、またしても大切な理解者が・・・残念・・・。


ウジャン(hujan=雨)でオジャン
まだまだ雨季は続いている。
こちらの人は雨が降ったら活動が停止する。なのでウジャン(雨)でオジャンなことが多い。

タンタンは課外クラブでバスケを始めてすぐに骨折し、先週からやっと練習に参加できるようになった。
ところが、先週の参加者は先生ともう一人だけ、タンタン入れて3人!なぜなら、雨だったから・・・
そして、今週は先生も来ず、兄弟で参加の二人だけ、タンタン入れて3人!今週も原因は雨・・・
「南の国の~♪ハメハメハ~♪」の歌を地で行くようなお国柄。

日曜日はカリンコロの幼稚園のお友達のお誕生日会がKFCであった。
開始時間の4時前から大雨になった。日本人感覚の我が家は4時30分前には家を出て
大雨で道が洪水になっている中、車を走らせて会場へ向かった。
a0247904_17193776.jpg
もちろん一番乗り!
日本では遅刻魔だった私も
こちらでは、一番乗り!
4時になっても誰も来ない
お誕生日の子も来ない
カリンコロ一人先に
パーティ用の帽子をお姉さんに
つけてもらいスタンバイOK!



a0247904_1738185.jpg
30分後くらいに主役登場!
白いドレスでお姫様のよう
KFCパーティ20人分のチキンセット
+司会+ゲームなどの一式で約8000円!
そして、連れて来ている親など用にスナックセットも
配られ、帰るときには子供達にチキンセットの他に
お菓子の詰め合わせセットのプレゼントもあり!
そして、この大きなケーキ!全てで
2万近くかかっているのでは・・・
月収2万ない人たくさんいる国で・・・

a0247904_17114219.jpg
お誕生会開始1時間ぐらい経過
するころには大勢集まる
でも、パーティ終了間際に
来た人もちらほら・・・
その頃には雨もやんでいた
土曜まで熱があったのに、この
お誕生会に行きたい一心で復活
したカリンコロ硬い表情ながら
楽しんでいた様子♪

a0247904_19412491.jpg
雨の日の過ごしかた
週末なのに雨・・・
体調もイマイチだし・・・
と日本でお友達にいただいたパズル
を出してきてスタート!
外枠はできた・・・けど・・・
むっちゃ難しい!
この先全く進まず・・・
これって子供のパズルじゃない!
ちょっとやそっとじゃ完成しそうにない
当分これで雨の日が楽しめそう♪


スーパーはおもしろグッズの宝庫
日本から戻って来たばかりだからか、久しぶりのスーパーで目にするものがおもしろくってたまらない!
a0247904_11141724.jpg
鶏肉売り場
きれいに並べられて売られているのは
鶏の頭と足
こちらの人の大好物!
頭と足だけ売るなら
手羽だけとかも売ってよ~
手羽が欲しくても、
鶏肉は基本的に一羽丸ごと
買うので、手羽は2つしかないのよね~



a0247904_11212034.jpg
思わず鳥肌が立っちゃうような鳥肌!
なんじゃこりゃ~
黒い毛が残ったままじゃん!
ちょっとグロテスクすぎて
直視できない!
鶏はこうして丸ごと売られている
骨なしの鶏の四つ身とかが欲しいな~
一羽買いの生活をしてみると
日本のスーパーでパック詰めされている
骨なしの鶏肉を作ることの大変さが分かった
家で私が捌いている訳じゃないけど・・・

a0247904_16124061.jpg
たまねぎなっとうもち~?
う~おいしくなさそう!
これはクラッカーであって餅じゃない!
あきらかに中国の商品!
中国語がそのまま日本語に!
でも、もう少しおいしそうな
組み合わせにできなかったのか!?





a0247904_1747209.jpg
「たきお」と「ハイ天ぷら」
こちらで人気の海苔のお菓子
海苔だけの「たきお」と
それに衣をつけた「ハイ天ぷら」
美味しそうな気がしなくって
食べたことはないけど・・・
それにしても「たきお」さん
あなたは何人?
洋服はどうみても中国人
なんですけど・・・


a0247904_17301421.jpg
さすがは揚げ物王国
スーパーにずらりと並ぶオイル
それもコレステロールが高くなる
パームオイルが主流
日本のスーパーじゃほんの一区画だけ
のオイル売り場が、こちらでは棚一列
占領するほど






プルオケルトの魅力発見!?
一時帰国から戻った目には全てが新鮮に見える。いない間に新しいお店も出来ていた。
見慣れた光景も少し離れた後は、またおもしろく見えてきた。

a0247904_17573092.jpg
一番近くのコンビニの前に
新しく出来た屋台
「どら焼き」と「のびたシュウマイ」
どら焼きの味は
チーズ、チョコ、イチゴ、パイン・・・
最後に豆味と書いてある
でも豆は小豆ではなくピーナッツ
のことかも・・・
値段はひとつRP3500(約35円)
今度試してみようかな!

a0247904_1713371.jpg
嬉しい発見!
アイスショップオープン!
これで、KFCに次いで2番目の
全国チェーン店がプロケルトに出店
狭い店舗に店員さん6人!ただし稼動して
いたのは1人だけなので並ぶ!
ダブルでRP44000(約440円)
かなり高い!
奮発して一家4人でダブル1つ購入!
「あ~なんかジャカルタに来た気分♪」
とすっかり田舎者化したタンタン
a0247904_183233.jpg
お気に入りのお店発見!
スポーツバーのような雰囲気のお店
スクリーンではミュージックビデオが
流れていてリクエストも出来る(1曲10円)
そこに日本の曲もあったのだ~!
タンタン大喜びで次々とリクエスト♪
小学校の帰りの会で毎日踊りながら歌っていた
懐かしのGolenBonberの「女々しくて」もあった♪
日本で流行っていた「つけまつげ?」もあった♪
大スキな福山雅治もあった♪洋食も少しあるので
最近は外食というと、すぐにこのお店へ!
a0247904_1652546.jpg
外国で病気になっておもしろい
と思うのは、民間療法の常識の違い
子供の高熱が続き、日本語学科の先生方が
いろいろ教えてくれた
頭と脇を温めた方がいいとか
(保冷剤で冷やしまくってたんだけど・・・)
グアバそれも外は黄色、中が赤のがいいとか
そして、みんなが共通して熱にいいと言うのが
この「くまミルク」
これを飲むと下痢をして熱が出ていくらしい
誰も試してみてないけど・・・効くかな?

a0247904_18384511.jpg
プルオケルトのファッションセンス
はいかが?
これは生首でもお化け屋敷でもなく、
おしゃれなジルバッブ(頭巾)屋さん
交差点に青く光るこのお店
怖すぎるんだけど~







日本留学生の同窓会
今日3月12日はヒンドゥー教の新年Nyepi(ニュピ)の祝日。
大学の他学部には日本へ留学して修士や博士をと取った先生達が15人ぐらいいる。
その先生方が今日集まってBBQとお鍋をするというので、学科長と一緒に
「日本文化センター開設」のための協力依頼も兼ねて参加してきた。
a0247904_18475646.jpg
パーティーの場所はちょっと奥地に入った
ところにある子供の自然教室の広場
そこでサル発見!?
憧れのtreehouseのようなアスレチックに
大喜びのタンタン!
先生方が日本留学中に生まれた
出生地日本の子や、日本の小学校、幼稚園に
通っていて、片言日本語を覚えている子供達と
楽しそうに遊んでいた

a0247904_19103153.jpg
インドネシアの伝統的なお茶
素朴な素焼きの急須の中には甘いお茶が
入っている
隣にあるのはお菓子かと思ったら、
辛い団子と、塩辛いタロイモ?





a0247904_191954.jpg
インドネシアに来て初めてのBBQ
お肉が硬い!カリンコロはガムのように
5分くらいはかみ続けていた
このBBQセットも、お鍋もコンロも
日本からそれぞれが持って帰ってきたもの
インドネシアに戻って、日本を懐かしんで
みんなでお鍋を囲むなんていいな~♪
でも、囲む場所が男女別れていたのにはびっくり!
日本に留学していた人たちでも、そうなんだな~




高学歴には裏道とお金が必要!
今週のびっくり大学院ネタ!
日本語学科一の先輩格が博士課程を間もなく修了するのだけど、それにまつわるびっくり!
①インドネシアでは修士を取るには研究内容に関係なくTOEFL450博士は500ないと取れないという
  ルールがある!
彼女は英語が出来ないらしくどうしよ~う!と大騒ぎ。でも、来月始めに博士論文の発表をして認定
してもらうのだから、今更英語を勉強しても間に合うはずがない。でも、ここまで研究してきて英語が
問題で博士が取れないということがあるはずがないので、おそらく裏道があるはず。
実際にお会いした博士や修士の方で英語が出来ない方はたくさんいたし・・・

②発表や認定にかかるお金は自分で負担する!
発表や認定には、大学の教授に来てもらわなければならない。そのためにかかる費用を全部負担するのだ。
交通費、宿泊費、食費諸々(おそらく謝礼も!?)
呼ばれる方も、自分の教え子だからとか後輩だからと遠慮するのではなく、反対にわがまま言い放題で
電車は時間かかるから飛行機がいいとか言うらしい。
至れり尽くせりしておけば「認定しない」なんてことは言わないだろうから、まあある意味賄賂と同じ?
彼女は今週末1回目の認定試験があるのだけど、そのために銀行から下ろしてきた金額が・・・
Rp20,000,000(約20万円)!!これは1回分、来月始めにはもう1回あるらしい。
彼女は公務員なので、公務員のお給料だけではそんなに貯められるとは思えない。
捕まった大学幹部だけでなく、この国では裏の金が当たり前なんだな~と実感したエピソード
a0247904_219645.jpg
これはディクティ(高等教育庁)からの
お客様の歓迎式典の写真
私たちが着てるのは日本語学科で新調した
ユニフォーム!
バティックは私が買う安物のプリントではなく
高級な手描きのモチーフ
そして、一人一人採寸したテーラーメード
学科長曰く「みんなで頑張ったご褒美」という
ことで、これにかかった費用がどこから
出たかは謎!これって・・・私ももらっちゃってる
けど・・・大丈夫なのかな?
[PR]
by kacchan719 | 2013-03-13 02:33 | おもしろインドネシア

日本とインドネシアの気になる違い

はやいものでもう3月!今日はお雛祭り
なのに、うちの姫は発熱ダウン中!

a0247904_11241444.jpg
しかも40度の熱!
体温計が壊れたのかと思って
別の体温計で測っても39.9度!
測れる限界の体温!
これだけ熱が高いと心配・・・
ところがカリンコロのすごいところは
この高熱でもケロリとしているところ!
もうだいぶ熱も下がって
カリンコロ節のおしゃべりも炸裂!
回復もはやい! がんばれ~!


日本で1ヶ月半快適な日々を送ったせいか、このごろは「インドネシア的」なものがやけに気になる。
そこで、今回は日本との気になる違いについていくつか・・・。

歩道は軽視
日本の歩道はとっても整っている。そして、ごみもない。道が本当にきれい。
こちらは、車道も穴だらけのデコボコ。そして、歩道はもっとひどい。段差も多いし、突然行き止まりに
なったり、非常に歩きにくい。こんな歩道でみんな文句を言わないのかなと思ったけど、歩いている人が
まれ。こちらの人は、ほとんど歩かない。すぐそこのお店に行くのにもバイクや車を使う。
歩道が悪いから歩かないのか、歩かないから歩道がないのか・・・
a0247904_13185745.jpg
ジャカルタの狭い歩道
車道の立派さに比べると
あまりにもお粗末
しかも、この道もう少し行くと
行商のお店屋さんが道を占領
していて歩けないように
なっている・・・





労働感覚
a0247904_11354837.jpg
新しい講師室
前の部屋の4倍ぐらいの広さ!
そして、窓のなかった前の部屋に
比べると断然明るくて気持ちがいい!
労働環境がよくなって嬉しい♪
でも・・・誰も来ない!!
エアコンがないから行かないと言う人も・・・
確かに午後なんて暑くて体中
ベトベトになるほど・・・でも~
新学期前ですることいっぱいなのに

引っ越して1週間が過ぎたのに、いまだに電気も水道もなし!
月曜日から新学期が始まるのに・・・
ちなみに学長ら幹部の逮捕騒動で、新学期の学費もまだいくらになるのか決まっていない
らしい・・・混迷が続く大学!

大学のスタッフでさえ、段取りも考えずのんびり仕事しているのだから、巷のお店などの
のんびり加減は半端じゃない!
日本にいる間、日本の接客態度のすばらしさに日本人ながら驚かされた。
こちらのサービスときたら・・・ジャカルタのデパートでさえ、店員さんはうじゃうじゃいるのに、
おしゃべりしてたり、しゃがんでお化粧したり、ご飯食べたり・・・まったく接客する気なし。
日本はサービス過剰な感ありだけど、こっちはサービス概念なさすぎな感あり!?

訪問感覚
どうせ職場は暑くて仕事にならないから、それなら家で日本食パーティーでもしよう!と
声をかけたら、先生方が設定した時間が「9時」朝の9時!そりゃ~早すぎでしょ?
それに、いったい何ご飯なの?「子供も一緒にわいわいするなら夕方は?」と提案すると
「じゃあ2時」との返事。2時って夕方じゃないし、2時から何ご飯なの?と突っ込みたいけど
2度も変更させるのも・・・とそれでOKにしていたら、前日の夜遅くに「11時に変更」となる。
日本人とは設定時間の感覚が違う気がする。どうもお祈り時間を考慮しての設定のような気がする。
a0247904_1223272.jpg
日本食パーティ
みんな揃ったのは
結局12時ごろ
そして、さっさか食べて、
さっさか片付ける
お酒を飲まないからか
日本のように
ゆっくりおしゃべりしながら
ダラダラ・・・なんてことはなく
2時にはみんな帰ってしまった

タンタンにインドネシアで最初にできたお友達チェルビン君にスーパーで偶然会う。
水泳の先生の息子さんで、前はよくプールで一緒に遊んでいたけれど、もう長いこと会っていなかった。
久しぶりに会った彼の腕に大きな傷跡が・・・タンタンと同じ左腕、そして同じく2ヶ所に傷。
a0247904_10315261.jpg
同じところを同じように怪我
2本折れて、鉄の板を入れている
というところまで同じ
あまりの偶然になにか
不思議なものを感じた






その後プールでご両親に会うと、怪我の話で盛り上がる。我が家はプールの近くなので、水泳教室の
帰りにでもいつか遊びに来て!と言って別れたのだけど・・・今週、夕方いきなりチェルビン一家が
全くなんの連絡もなくやって来た!この連絡なしの訪問は日本人には驚きだけど、インドネシアでは
よくあること!
a0247904_10545486.jpg
夕飯前にやって来たチェルビン一家
白ご飯に梅干、のり、めんたい、ふりかけ
と日本の食材を気持ちいいくらい
美味しそうに食べてくれた!
別れ際は、もちろん
「また来てね~!」と言ったけど
今週もまた来るかな?





時間の感覚
日本の時間の正確さには感心する。電車、会議、学校行事、待ち合わせ、なんでも全て時間
はぴっちり正確!
こちらは「ゴム時間」なので、本当にルーズ。だから待たされることも多いので、みんな時間に寛容だ。
日本は時間を大事にしてるので「時間の無駄」を極力避けて、効率よく無駄がない分時間に厳しい。
こちらは段取りも悪いし、無駄だらけ。その分、時間にも、気持ちにも余裕がある気がする。ありすぎの
感もあるけど・・・
a0247904_1152593.jpg
夕方は街の広場アルンアルン
に毎日人が集まってくる
特に何をするわけでもなく
家族や、友達、恋人で
夕涼みをしている
週末はたくさんの夜店も出て
かなりにぎわっている
特に何もないし、何もしないのだけど
なんだか、あまりにもゆったりと
流れる時間に贅沢な気分になる


a0247904_1159631.jpg
最近カリンコロがはまっているのが
この電動バイクと電動車
これがアルンアルンの前の歩道に
うじゃうじゃ!
露天もいっぱいで人もいっぱいの
歩道を運転手はすべて幼児という
危険な電動の車がかなりのスピードで
行き来しているかなり恐ろしい空間
何事にも寛容だな~



a0247904_13265659.jpg
少し大きい子はこのキックボード
これもかなりのスピード!
リンリンとベルを鳴らして
子供達が人ごみを走り抜けて行く
電動の車も、このキックボードも
10分で5000ルピア(約50円)





a0247904_1217485.jpg
露天を眺めるのもおもしろい
これは卵とココナッツなどを
クレープ風に焼いたもので
おいしそうな匂いが漂っていた
手際よく作るのを見るのも
楽しい♪
ただし、食べるのには勇気がいる





その他もろもろ
他にもいろいろあるけど、特に違うのはトイレ!
日本のは、公衆トイレでもすっごくきれい。しかも、ハイテク!
便座は温かいし、自動にふたが開き、音が流れ出す。
水を流すには、立てばいいのか、手をかざすのか・・・と日本人でもトイレの中で???
外国人はびっくりだろうな~
それに比べてインドネシアのトイレ・・・手桶で流すタイプで、どこもかしこも水浸し!
たまらなく嫌!これだけは、いつまでたっても慣れない!外出してすぐにカリンコロが
「トイレ」なんて言おうものなら、本気で腹を立ててしまう私・・・。

それともう一つ嫌なのがタバコ!
どこでもここでもスパスパ!特にレストランはたまらない!分煙の感覚なんてなし!
食事中に隣でスパスパ・・・日本の肩身の狭い喫煙者とは大違い!喫煙天国!

日本の技術力のすばらしさにも改めて気付く!
とにかく、何でも壊れる!
ちょうど引越しして1年。すべて新調した家具はほとんど全てどこかが壊れている。
お風呂の湯沸し機は、外に出てボタンを押していないとお湯が出ない状態。
トイレは水が止まらない。蛇口から水が滴り続ける・・・などなど
家もこの大雨で家の中の壁に雨のシミがいっぱい。天井には穴が・・・
a0247904_1211059.jpg
去年の3月にペンキ塗りたての
状態で入居したのに、
ほんの1年で
こんなに汚れた壁に・・・
安い水性ペンキなのか雨で
どんどんはげてしまう・・・
外側の天井も剥がれ落ちて
きている
帰るころにはボロボロかも・・・


a0247904_126387.jpg
そして恒例の停電
ろうそくも常備
懐中電灯はボロブドゥールの
朝焼けツアーでもらったのが
重宝している
一人一つ懐中電灯ありで
いつ停電になっても
全くうろたえずに過ごせる
ようになった!



そして、食事!やっぱり日本の食事はおいしい!それに、盛り付けが美しい!
こちらの大雑把さに慣れていたので、日本食はすべてが繊細な感じで惚れ惚れ♪
a0247904_13343782.jpg
このプルオケルトには
おいしいレストランがほとんど
ないのが苦しい・・・
街にある日本食もどきのお店
「一弁当」
ナディと子供たちは1度行ったけど、
激マズだったらしく
私が一度行ってみたいと言っても
絶対行こうとしない



a0247904_13113566.jpg
インドネシアのいいところ
といって思いつくのは
果物がおいしいこと!
そして、安い!
今は大好物のマンゴスチンと
ランブータンの季節!
日本のデパートで一つ300円で
売っていたマンゴスチンは
こちらでは1㎏150円!




留守中の変化
1ヶ月半留守にしていた間にいろいろなことが変わっていた。
大学の校舎のスピード完成、幹部の逮捕の衝撃が大きすぎちゃったけど、他にも
いろいろ変わっていた。

去年開店したばかりの先生のご主人の食堂が閉店していた。
ホテルマンからの転職を決めるのも早かったけど、閉店の決断も早い!
今は家の池でなまずの養殖と、庭できくらげ栽培をしながらケータリングサービスを
やっている。こちらの人は、ビジネスチャンスが多いというか、副業がしやすいというか、
就職、開業、転職などに対する感覚が日本とは違って軽い感覚のような気がする。

学科長の小5の娘さんが実家に帰ってしまっていた。こちらでは、学業や仕事のために子供を
親に預けている人が多い。彼女も大学院と仕事のため長女は生まれてすぐから3年生まで
離れたところに住むご両親に育ててもらっていた。4年からプルオケルトに来て初めて母親との同居を
始めたものの、祖父母や友達が恋しいと帰ってしまった。父親も別の街で暮らしていて、家族は3所帯で
別々に暮らしている。
イスラム教の教えに従うとで女性の立場は弱そうなのだけど、日本に比べるとうんと女性が
社会進出している。管理職の女性も多い。
お手伝いさんがいるので女性が育児や家事の心配をすることなく、仕事に専念しやすい環境に
あるということも一因するんだろうけど、心も強いのかな。

今いる先生7人中4人が大学院で修士、博士課程の途中で、仕事には専念できない状況にある。
一番先輩格の方の博士課程が間もなく終わるので、今学期からフルで授業に入れるし、体制作り
もできるから良かったと思っていたら、2番格の先生が、今年から博士課程に進むことが決まっていた。
再来年は、3番格の学科長も博士課程に進む予定らしい。3番格までは公務員で、学費は奨学金が
もらえるし、勉強中のお給料ももらえる。博士を取ればお給料も上がるのだから、ある意味博士を
とらなきゃ損のような感覚だ。
こちらでは名刺も、正式な書類も、学生に配る時間割りにも、名前の後ろに学位が記入されている。
例えば、田中一郎文学学士とか、山田花子教育修士という風に書かれているので、学歴は一目瞭然で
ステイタスとしても高学歴が必要になっている。
こちらの仕事のスタイルを見ていると、学科のためにとか、会社のために自分を犠牲にするとか
みんなと協力し合って、迷惑をかけないようにという考えはあまりない気がする。自分の学歴が上がるなら
誰が困ろうと関係ないという感じだ。
共同研究をした先生が、ポイントを上げて給料を増やしたくて自分の名前だけで研究を発表したとか、
去年までは大勢立候補していた学部長選挙に、幹部が逮捕され監視が厳しくなった今は
学部長になってもお金にならない(賄賂がもらえない)からと立候補する人がいなくなったとか・・・
お金に絡む考え、自分中心の考えが多いような気がする。

留守の間にもいろいろあるもんだ。
我が家は、めだかだと思って捕ってきた魚が10cmぐらに成長!庭の草木がボーボーに!
a0247904_183138.jpg
チョビのお墓の周りに
植えておいたのが
いい感じに育って
素敵なスペースになっていた
タンタンは日本から戻ってすぐに
庭に出てお墓参りをしていた






a0247904_12455828.jpg
ペットのいない寂しさに新ペット購入!
ハムスターを2匹買う!
ハムスターにした理由は
寿命が短いから
日本に連れて帰れない
つらさを感じずにすむので・・・
でも、猫のかわいさを知った今
ハムスターじゃ物足りないな~
タンタンは、次々と工作で
秘密基地や通路なんかを作って
あげて楽しんでいる♪

このインドネシアでの生活もあと10ヶ月になった。このいろんな違いを楽しんでいかなきゃな~!
今週は、戻って2週間のストレス発散にカラオケに行ってきた!
a0247904_1175735.jpg
新しくできたカラオケボックス
2時間で250円!
パソコンで歌の検索をするシステム
日本の歌といえば・・・「心の友」by五輪真弓
2回も歌っちゃったから、やっぱり
日本人は「心の友」が好きなんだな~
と思われたことだろう。でも、歌詞がひどかった
[nabita kurete]涙枯れて?
[kadeni tukaitatoki]風に疲れたとき?
[watashi o yoentai]私を呼んで?
「昴」「乾杯」などを渋く歌って楽しむ♪

いよいよ明日から新学期♪ 学生も戻ってくる♪ さあ、どんなハプニングが待っているかな!?
[PR]
by kacchan719 | 2013-03-04 01:08 | 日々のこと