RiaRiaインドネシア!

kacchan719.exblog.jp
ブログトップ

中部ジャワで一番高いSlamet山に挑戦!

プルオケルトのシンボルスラメット山
私が住んでいるプルオケルトは、特になんの観光地もない小さな都市だけれど、
中部ジャワで一番高い山、スラメット山(3428㍍)がそびる雄大な景色は
唯一誇れるところだ。
この任地に来てから、毎日その雄大な景色を眺めてきた。家からも、通勤途中の道
からも見えるスラメット山の美しい景色にいつも癒やされ、元気をもらってきた。
いつか、家族でこの地に住んだ記念に登りたいと思っていた。
運良く、日本語学科にワンゲル部のホリック君がいた♪富士山に登りたくて
日本語学科に入ったけれど、日本語が全く上達しないという、おもしろい学生で
一緒に登ろう!と誘ってくれた!
学生のガイドで、家族揃って登れるなんて、素晴らしい!
さあ、ベストシーズン到来!登るぞ〜!
a0247904_16401573.jpg
登山前々日通勤途中に撮った写真
霞んでよく見えないけど
富士山のようなきれいな
形をしている
朝、自転車通勤の一番きつい坂道で
この山がきれいに見えると
ペダルをこぐ足にパワーが出る!
山の名前Slametは「安全」
という意味がある!安全に登れますように!




ドキドキの登山準備
今回の登山のパーティーは、ワンゲル部4人、リーダーのホリック君に、サブリーダーの
これまたホリック君(サルホリック君)と、ポーター2名、アザム君とワワン君、それに
ジャカルタから日本人2名+バンドゥンからベテラン登山家シマ夫妻+我々4人の計12人!
ベテラン登山家シマ夫妻に登山前にいろいろアドバイスを貰い、登山計画書もホリック君に
作ってもらい準備万端!
a0247904_1544577.jpg
8月に入って全く雨が
降っていなかったのに
登山の数日前から夕方は雨!
どんより曇って、山も見えない!
てるてる坊主を作って
晴天を願う!
お天気に恵まれますように!





a0247904_15462547.jpg
前日にはワンゲル部のWホリック君と
食料の買い出しへ
そして、家にみんな集合して荷造り
テント、寝袋、食料などはすべて
ワンゲル部の4人に持ってもらうので
学生の荷物は25キロ以上!
パッキングを見ながら、山の達人
シマさん「この学生たちはなかなか
やるぞ!」と心強いコメントをいただく


a0247904_1548574.jpg
前日の夜はプルオケルトでも
一番高いステキなレストランへ!
さあ、栄養つけて頑張ろう!
ワンゲル君たち、しっかり食べて
スタミナつけてね〜!
頼むよ〜!







行きはよいよい!
朝3時起床!
緊張からかほとんど寝られす、しかも、まさかの下痢!最悪のコンディション…
4時家を出発、5時半登山口到着!
朝ごはんを食べ、いよいよ出発!
ちょっと待った〜!う〜っ〜お腹が痛い…トイレに2度駆け込む…
この先、トイレは一つもないんだから、山全部がトイレだ!すべてがトイレなら
下痢なんか怖くない!と開き直ったのがよかったのか、それっきり回復!

a0247904_1549795.jpg
Banbangan登山口
さあ、出発だ!
あいにくの天気
濃い霧の中進んでいく
段々畑を抜けて、登山道へ







a0247904_15502913.jpg
天秤カゴを背負って登る人も
かなり重そう
こちらの登山ファッションで驚いたのが足元
長靴の人も多かったけど
サンダル履き、裸足なんてのも!
皆さんたくましい!
明るく声をかけてくれたり
一緒に写真を撮ろうと言ったり
フレンドリーな方が多い
何人もが「ガンバッテ」と声をかけて
通り過ぎていった、こちらの甘い緑茶の
CMのフレーズの効果は絶大だ
a0247904_15513276.jpg
POS1
POSと言うのは日本の
1合目というのとは違うようで、
POS7まである
小屋があったのはPOS1と5だけ
初日のゴールはPOS5
てるてる坊主のおかげか
天気も良くなって気持ちがいい
雄大な眺めを楽しむ
まだまだ元気!

a0247904_1554877.jpg
POS2
スイカを担いで登ってきて
ここで売っている
本当にたくましい!
この日は、インドネシアの独立記念日
ということもあって山全体の登山客は
2000人ぐらいいたらしい





a0247904_15573880.jpg
POS3
絶好調のタンタン!
元気が有り余っているという
感じで余裕
ベテランシマさんにいろんな
山の知識を教えてもらいながら
楽しそうに登っていた





a0247904_15584880.jpg
5歳のカリンコロ
2歳の時に上高地でトレッキングをした
その時に、抱っこしないで歩いたら
着いた所にある美味しいケーキを食べようね!
と約束したら、一言も「抱っこ〜!」と言わず
に何キロも歩き通したことがある
今回も同じ手を使った!
自分で最後まで歩いたら好きなおやつを
10個買ってあげる!と約束したら
おやつ10個買ってもらえるという一心で
歩き続けるカリンコロ!

a0247904_1601133.jpg
POS4
あと一息!
冬がないからか、標高が高くなっても
木が茂っている
高山植物は背が低いものかと思って
いたのに、いつまでも背の高い木が
茂っていた




a0247904_1611721.jpg
POS5到着!さすがにバテた!
2800メートルの地点にあるPOS5に
テントを張って一泊し
明朝、山頂を目指すというプラン
先に登ってきていたポーターの
2人がベストポジションにテントを
張ってくれる
登山計画には普通のタイムと
私達の遅さを想定したのと2つのタイム
スケジュールを作ってもらっていたんだけど
通常タイムよりはやいくらいの
快調なペースで登り切る!
a0247904_0173168.jpg
絶好調だったタンタンいきなりダウン!
2800メートルといえば、かなりの標高
日本アルプスレベルの高さだ
かなり空気も薄くなっている
高山病になりかけているのか
頭がガンガンするといってダウン!




a0247904_1635646.jpg
夕食もワンゲル君達が作ってくれる
至れり尽くせりしていただく
自分の着替え程度だけしか持って
いなくてもクタクタなのに
私達の分の多い荷物を持って
登っても、元気いっぱいの
ワンゲル君たち
若い!たくましい!
青春を謳歌する若者たち眩しい!
ヘロヘロで食べるだけの中年ナディ!


a0247904_1644781.jpg
夜は寒い!
焚き火を焚いてマシュマロ
とろ〜り♪
少し休んだのでタンタンも
復活!?








今日は一日よく頑張った!カリンコロをおんぶすることを想定して、ホリック君は荷物を
軽めにしていたらしいけど、これは大丈夫と思ったのか、途中で仲間と荷物の詰替えをしていた。
しっかり歩いて、ぐったり疲れて、早めに寝袋に潜り込んで就寝…が、
POS5はすごく賑わっていて、夜中まで音楽ガンガンのグループもあれば、歌いまくりの
グループもあり騒々しい!
夜中にテントをたたんで下山するグループもあれば、夜中にやってきてトンカントンカン
テントを立てているグループもある!
そして、夜中の12時過ぎにボンという爆発音と出火の気配、それに続いて女性の悲鳴と
泣き声!それが、すぐそばのテントで!引火したら大変とナディが外に出てみると、焚き火の
そばで寝ていた女性の寝袋に火が燃え移って大騒ぎしていた。靴下にオイルが染みこんで
いたらしくボッと一気に火が出たらしい。その女性、足に火傷をしたまま自力で下山していった
とのこと…山ガールたくましい!
そして、そして、トドメ!病気をしてもめったに嘔吐しない子供達が、夜中に続けて嘔吐!
カリンコロは気持ちが悪いと…タンタンは頭が痛いと訴え、ほとんど寝られないテントの夜!

素晴らしいご来光

a0247904_1651765.jpg
早朝3時
みんなで登頂を目指して出発する
予定だったけれど、子供達の体調
を考え、無理は禁物
子供と私はPOS5に残ることに
元気なみなさん
いってらっしゃ〜い!




a0247904_1661777.jpg
皆を見送り二度寝
タンタンがトイレに起きると
外は美しい朝焼け
うっとり~







a0247904_1674373.jpg
この美しい壮大な景色をみて
歩太復活か?
30分程空の色の移り変わり
美しいショーを楽しむ♪









a0247904_1693814.jpg
美しい雲海が広がっている
雲の上まで歩いてきたんだよ!
雲の上にいるんだよ!
カリンコロよく頑張ったね!
雲の上にジャンプしたいな〜
雲の上にゴロンってしたいな〜
雲って食べられるかな〜
と足元に広がる雲をみながら
楽しい想像は尽きない


a0247904_16115377.jpg
あまりの寒さにテントの中に
入って、寝袋に潜り込んで
朝焼けを楽しむ
山頂まで行けないのは残念と
思っていたけれど、この景色を
見ていたら自分たちが
どれだけ高いところまで
登ってきたかがジワジワと
感じられてきた!
達成感でいっぱいになる!



a0247904_16135787.jpg
ご来光
足元に広がる雲海から
昇ってくる太陽
下から昇る太陽に、山の高さを実感
新しい朝
この壮大な景色を見ていたら
日々の悩みなんて小さなことに
感じられてきた
心あらわれる風景




a0247904_16153364.jpg
大混雑のPOS5
テントがところ狭しと並んでいる
騒がしいはずだ〜
ベストポジションに張ってくれた
おかげで素晴らしい朝焼けショーが楽しめた








a0247904_16165011.jpg
4人で12人分の荷物を運んだので
自分たちはテント、寝袋無しの
このビニールシートの下で
寒い夜を過ごしてくれた
ワンゲル部員達
ありがとね〜!




a0247904_1618019.jpg
独立記念日の登山だったので
山頂に立てようと持って来ていた
手作りのインドネシアの旗を
POS5に立てる
やったね!
POS52800メートル
地図帳で調べると、日本には
2800㍍以上の山は5つしか
なかった!すごい!





行きはよいよい、帰りはツライ…

a0247904_1619711.jpg
さあ、今から下山だ!
テントもそのまま残して
ポーターの2人におまかせ
本当にありがたい!
さあ、がんばって降りるぞ!






a0247904_0413072.jpg
標高も低くなってきて
完全復活の2人だったのに…









a0247904_162331.jpg
復活したかと思った
タンタンまさかの下痢ダウン!
少し歩いてはトイレ!また歩いてはトイレ!
フラフラになって来たので
荷物を皆で手分けして持つ
ホリック君の荷物も私達で手分けして持って
背負ってもらわなければいけないんじゃないか
という話も出るほどゲッソリ




a0247904_16242387.jpg
下りは楽かと思ったら、滑る滑る
何度転んだことか…
カリンコロは足で降りるというより
お尻で降りている!
ほとんど滑り台状態








a0247904_16263791.jpg
下界が見えてきた!
タンタン少し楽になったのか
POS1からは自分の荷物は自分で持つと
言って、しっかり歩き出す
私は…もう足がガクガクで
思うように足が動かない!
ナディは山頂まで行っているので
疲労は私以上!つま先が痛くて歩けず、
途中から靴下、途中追いついてきたポーター
のワワンさんにサンダルを借りて下山

a0247904_16273917.jpg
お世話になったシマ夫妻と♪
高校、大学とワンゲル部で
鍛えていただけあって
60代後半とは思えない健脚!
ナディと私も鍛えなければと反省…
山の知識もなく、軽い気持ちで登ろうと
していた私達に山の厳しさを教えてくれ
きちんと準備することの大切さを
教えてくれたおかげで、全員無事に
山登りを楽しむことが出来た♪


a0247904_1628542.jpg
全員無事に自力で下山!
よかった♪よかった♪
本当に子供達よく頑張った!
体調が悪くなっても自力で歩いたタンタン!
一度も弱音を吐かず自力で歩き通した
5歳のカリンコロ!
すごい!すごい!
家族一緒にこんなに高い山に登れて感激!
サポートしてくれたワンゲル部員
一緒に登った皆さんに感謝感謝!
ありがとう!

a0247904_16293495.jpg
Wホリック君ありがとう
日本語学科ホリック君(右)は
9月から3年生になるとはとても思えない
ほどに日本語ができない!
笑えるくらい通じない!
でも、最高に愛嬌のある性格で大好きな学生♪
いつか富士山に登るという夢を叶えてね!




a0247904_16311472.jpg
無事に登山を終えて全員でかんぱ〜い!
ビールが美味しい!
ワンゲル君達は全員イスラムだけど
美味しそうにビールを一緒に飲んでいた!
いいな〜
自分たちだけではとても出来なかった
スラメット山の登山
若いワンゲル君たちと一緒にいて
エネルギーをもらった!
久し振りに味わう気持ちのいい達成感!



山登りおまけ!
翌日…足が…足が痛くて動けない!
筋肉痛で階段の上り降りなんてとても出来ない!
でも、子供はケロリとして走り回っている!
もちろん、ホリック君も平気な顔をしていた!
a0247904_16334873.jpg
山登り翌日
満面の笑顔でおやつ選び
おやつ9個に、ジュース1本
合計約400円!このご褒美のために
自力で歩き通した根性はすごい!
楽しそうに選んで回るカリンコロの
後ろを足を引きずりついて行く母…




a0247904_16344961.jpg
山で頭痛、嘔吐、下痢と
トリプルパンチでやられた
タンタンは体力をつけなくてはと
特訓スタート!









下山してからスラメット山を見ると、登る前に見ていたのより、大きく高く感じる。
今までとは見る目が違ってきた。あそこに登ったんだなと思うと親近感を感じるし、
自信も湧いてくる。
インドネシア、このプルオケルトでの最高の家族の思い出ができた。


おまけのおまけ
a0247904_1639372.jpg
謝り握手大会
レバラン休暇明けは大学で
この謝りながら全員と握手をする
イベントが続いている
イスラムでは、一年間に自分がしたことを
謝って許してもらってから、新しい1年が
始まるらしく「ごめんなさいい」と言いながら
全員と握手をする
それが、学部、大学本部、文学科、日本語学科
と何度も続く
登山翌日は学科の謝り大会で足が痛いのに
壇上に上がらせられる!

a0247904_16204048.jpg
カリンコロ幼稚園の塗り絵コンテストで
一番になって
プレゼントゲット!
登山のご褒美お菓子もゲットして
ご満悦♪







今週は登山の疲れを引きずったまま、来週に迫った協定校との交流イベントの準備で
大忙しの日々だった。そして〜
今週末は、タンタン再手術&入院!
来週は義兄とジョグジャで合流!
その翌日に協定校御一行様到着!イベント開催!
協定校御一行様帰国翌日には、大学の恩師御一行様到着!
と9月中旬まで超ハードな日々が続きそう!
2年の任期最後の大仕事になりそう。気合を入れて乗り切らなきゃ!
[PR]
by kacchan719 | 2013-08-24 23:55 | 旅行