RiaRiaインドネシア!

kacchan719.exblog.jp
ブログトップ

日本とインドネシアの気になる違い

はやいものでもう3月!今日はお雛祭り
なのに、うちの姫は発熱ダウン中!

a0247904_11241444.jpg
しかも40度の熱!
体温計が壊れたのかと思って
別の体温計で測っても39.9度!
測れる限界の体温!
これだけ熱が高いと心配・・・
ところがカリンコロのすごいところは
この高熱でもケロリとしているところ!
もうだいぶ熱も下がって
カリンコロ節のおしゃべりも炸裂!
回復もはやい! がんばれ~!


日本で1ヶ月半快適な日々を送ったせいか、このごろは「インドネシア的」なものがやけに気になる。
そこで、今回は日本との気になる違いについていくつか・・・。

歩道は軽視
日本の歩道はとっても整っている。そして、ごみもない。道が本当にきれい。
こちらは、車道も穴だらけのデコボコ。そして、歩道はもっとひどい。段差も多いし、突然行き止まりに
なったり、非常に歩きにくい。こんな歩道でみんな文句を言わないのかなと思ったけど、歩いている人が
まれ。こちらの人は、ほとんど歩かない。すぐそこのお店に行くのにもバイクや車を使う。
歩道が悪いから歩かないのか、歩かないから歩道がないのか・・・
a0247904_13185745.jpg
ジャカルタの狭い歩道
車道の立派さに比べると
あまりにもお粗末
しかも、この道もう少し行くと
行商のお店屋さんが道を占領
していて歩けないように
なっている・・・





労働感覚
a0247904_11354837.jpg
新しい講師室
前の部屋の4倍ぐらいの広さ!
そして、窓のなかった前の部屋に
比べると断然明るくて気持ちがいい!
労働環境がよくなって嬉しい♪
でも・・・誰も来ない!!
エアコンがないから行かないと言う人も・・・
確かに午後なんて暑くて体中
ベトベトになるほど・・・でも~
新学期前ですることいっぱいなのに

引っ越して1週間が過ぎたのに、いまだに電気も水道もなし!
月曜日から新学期が始まるのに・・・
ちなみに学長ら幹部の逮捕騒動で、新学期の学費もまだいくらになるのか決まっていない
らしい・・・混迷が続く大学!

大学のスタッフでさえ、段取りも考えずのんびり仕事しているのだから、巷のお店などの
のんびり加減は半端じゃない!
日本にいる間、日本の接客態度のすばらしさに日本人ながら驚かされた。
こちらのサービスときたら・・・ジャカルタのデパートでさえ、店員さんはうじゃうじゃいるのに、
おしゃべりしてたり、しゃがんでお化粧したり、ご飯食べたり・・・まったく接客する気なし。
日本はサービス過剰な感ありだけど、こっちはサービス概念なさすぎな感あり!?

訪問感覚
どうせ職場は暑くて仕事にならないから、それなら家で日本食パーティーでもしよう!と
声をかけたら、先生方が設定した時間が「9時」朝の9時!そりゃ~早すぎでしょ?
それに、いったい何ご飯なの?「子供も一緒にわいわいするなら夕方は?」と提案すると
「じゃあ2時」との返事。2時って夕方じゃないし、2時から何ご飯なの?と突っ込みたいけど
2度も変更させるのも・・・とそれでOKにしていたら、前日の夜遅くに「11時に変更」となる。
日本人とは設定時間の感覚が違う気がする。どうもお祈り時間を考慮しての設定のような気がする。
a0247904_1223272.jpg
日本食パーティ
みんな揃ったのは
結局12時ごろ
そして、さっさか食べて、
さっさか片付ける
お酒を飲まないからか
日本のように
ゆっくりおしゃべりしながら
ダラダラ・・・なんてことはなく
2時にはみんな帰ってしまった

タンタンにインドネシアで最初にできたお友達チェルビン君にスーパーで偶然会う。
水泳の先生の息子さんで、前はよくプールで一緒に遊んでいたけれど、もう長いこと会っていなかった。
久しぶりに会った彼の腕に大きな傷跡が・・・タンタンと同じ左腕、そして同じく2ヶ所に傷。
a0247904_10315261.jpg
同じところを同じように怪我
2本折れて、鉄の板を入れている
というところまで同じ
あまりの偶然になにか
不思議なものを感じた






その後プールでご両親に会うと、怪我の話で盛り上がる。我が家はプールの近くなので、水泳教室の
帰りにでもいつか遊びに来て!と言って別れたのだけど・・・今週、夕方いきなりチェルビン一家が
全くなんの連絡もなくやって来た!この連絡なしの訪問は日本人には驚きだけど、インドネシアでは
よくあること!
a0247904_10545486.jpg
夕飯前にやって来たチェルビン一家
白ご飯に梅干、のり、めんたい、ふりかけ
と日本の食材を気持ちいいくらい
美味しそうに食べてくれた!
別れ際は、もちろん
「また来てね~!」と言ったけど
今週もまた来るかな?





時間の感覚
日本の時間の正確さには感心する。電車、会議、学校行事、待ち合わせ、なんでも全て時間
はぴっちり正確!
こちらは「ゴム時間」なので、本当にルーズ。だから待たされることも多いので、みんな時間に寛容だ。
日本は時間を大事にしてるので「時間の無駄」を極力避けて、効率よく無駄がない分時間に厳しい。
こちらは段取りも悪いし、無駄だらけ。その分、時間にも、気持ちにも余裕がある気がする。ありすぎの
感もあるけど・・・
a0247904_1152593.jpg
夕方は街の広場アルンアルン
に毎日人が集まってくる
特に何をするわけでもなく
家族や、友達、恋人で
夕涼みをしている
週末はたくさんの夜店も出て
かなりにぎわっている
特に何もないし、何もしないのだけど
なんだか、あまりにもゆったりと
流れる時間に贅沢な気分になる


a0247904_1159631.jpg
最近カリンコロがはまっているのが
この電動バイクと電動車
これがアルンアルンの前の歩道に
うじゃうじゃ!
露天もいっぱいで人もいっぱいの
歩道を運転手はすべて幼児という
危険な電動の車がかなりのスピードで
行き来しているかなり恐ろしい空間
何事にも寛容だな~



a0247904_13265659.jpg
少し大きい子はこのキックボード
これもかなりのスピード!
リンリンとベルを鳴らして
子供達が人ごみを走り抜けて行く
電動の車も、このキックボードも
10分で5000ルピア(約50円)





a0247904_1217485.jpg
露天を眺めるのもおもしろい
これは卵とココナッツなどを
クレープ風に焼いたもので
おいしそうな匂いが漂っていた
手際よく作るのを見るのも
楽しい♪
ただし、食べるのには勇気がいる





その他もろもろ
他にもいろいろあるけど、特に違うのはトイレ!
日本のは、公衆トイレでもすっごくきれい。しかも、ハイテク!
便座は温かいし、自動にふたが開き、音が流れ出す。
水を流すには、立てばいいのか、手をかざすのか・・・と日本人でもトイレの中で???
外国人はびっくりだろうな~
それに比べてインドネシアのトイレ・・・手桶で流すタイプで、どこもかしこも水浸し!
たまらなく嫌!これだけは、いつまでたっても慣れない!外出してすぐにカリンコロが
「トイレ」なんて言おうものなら、本気で腹を立ててしまう私・・・。

それともう一つ嫌なのがタバコ!
どこでもここでもスパスパ!特にレストランはたまらない!分煙の感覚なんてなし!
食事中に隣でスパスパ・・・日本の肩身の狭い喫煙者とは大違い!喫煙天国!

日本の技術力のすばらしさにも改めて気付く!
とにかく、何でも壊れる!
ちょうど引越しして1年。すべて新調した家具はほとんど全てどこかが壊れている。
お風呂の湯沸し機は、外に出てボタンを押していないとお湯が出ない状態。
トイレは水が止まらない。蛇口から水が滴り続ける・・・などなど
家もこの大雨で家の中の壁に雨のシミがいっぱい。天井には穴が・・・
a0247904_1211059.jpg
去年の3月にペンキ塗りたての
状態で入居したのに、
ほんの1年で
こんなに汚れた壁に・・・
安い水性ペンキなのか雨で
どんどんはげてしまう・・・
外側の天井も剥がれ落ちて
きている
帰るころにはボロボロかも・・・


a0247904_126387.jpg
そして恒例の停電
ろうそくも常備
懐中電灯はボロブドゥールの
朝焼けツアーでもらったのが
重宝している
一人一つ懐中電灯ありで
いつ停電になっても
全くうろたえずに過ごせる
ようになった!



そして、食事!やっぱり日本の食事はおいしい!それに、盛り付けが美しい!
こちらの大雑把さに慣れていたので、日本食はすべてが繊細な感じで惚れ惚れ♪
a0247904_13343782.jpg
このプルオケルトには
おいしいレストランがほとんど
ないのが苦しい・・・
街にある日本食もどきのお店
「一弁当」
ナディと子供たちは1度行ったけど、
激マズだったらしく
私が一度行ってみたいと言っても
絶対行こうとしない



a0247904_13113566.jpg
インドネシアのいいところ
といって思いつくのは
果物がおいしいこと!
そして、安い!
今は大好物のマンゴスチンと
ランブータンの季節!
日本のデパートで一つ300円で
売っていたマンゴスチンは
こちらでは1㎏150円!




留守中の変化
1ヶ月半留守にしていた間にいろいろなことが変わっていた。
大学の校舎のスピード完成、幹部の逮捕の衝撃が大きすぎちゃったけど、他にも
いろいろ変わっていた。

去年開店したばかりの先生のご主人の食堂が閉店していた。
ホテルマンからの転職を決めるのも早かったけど、閉店の決断も早い!
今は家の池でなまずの養殖と、庭できくらげ栽培をしながらケータリングサービスを
やっている。こちらの人は、ビジネスチャンスが多いというか、副業がしやすいというか、
就職、開業、転職などに対する感覚が日本とは違って軽い感覚のような気がする。

学科長の小5の娘さんが実家に帰ってしまっていた。こちらでは、学業や仕事のために子供を
親に預けている人が多い。彼女も大学院と仕事のため長女は生まれてすぐから3年生まで
離れたところに住むご両親に育ててもらっていた。4年からプルオケルトに来て初めて母親との同居を
始めたものの、祖父母や友達が恋しいと帰ってしまった。父親も別の街で暮らしていて、家族は3所帯で
別々に暮らしている。
イスラム教の教えに従うとで女性の立場は弱そうなのだけど、日本に比べるとうんと女性が
社会進出している。管理職の女性も多い。
お手伝いさんがいるので女性が育児や家事の心配をすることなく、仕事に専念しやすい環境に
あるということも一因するんだろうけど、心も強いのかな。

今いる先生7人中4人が大学院で修士、博士課程の途中で、仕事には専念できない状況にある。
一番先輩格の方の博士課程が間もなく終わるので、今学期からフルで授業に入れるし、体制作り
もできるから良かったと思っていたら、2番格の先生が、今年から博士課程に進むことが決まっていた。
再来年は、3番格の学科長も博士課程に進む予定らしい。3番格までは公務員で、学費は奨学金が
もらえるし、勉強中のお給料ももらえる。博士を取ればお給料も上がるのだから、ある意味博士を
とらなきゃ損のような感覚だ。
こちらでは名刺も、正式な書類も、学生に配る時間割りにも、名前の後ろに学位が記入されている。
例えば、田中一郎文学学士とか、山田花子教育修士という風に書かれているので、学歴は一目瞭然で
ステイタスとしても高学歴が必要になっている。
こちらの仕事のスタイルを見ていると、学科のためにとか、会社のために自分を犠牲にするとか
みんなと協力し合って、迷惑をかけないようにという考えはあまりない気がする。自分の学歴が上がるなら
誰が困ろうと関係ないという感じだ。
共同研究をした先生が、ポイントを上げて給料を増やしたくて自分の名前だけで研究を発表したとか、
去年までは大勢立候補していた学部長選挙に、幹部が逮捕され監視が厳しくなった今は
学部長になってもお金にならない(賄賂がもらえない)からと立候補する人がいなくなったとか・・・
お金に絡む考え、自分中心の考えが多いような気がする。

留守の間にもいろいろあるもんだ。
我が家は、めだかだと思って捕ってきた魚が10cmぐらに成長!庭の草木がボーボーに!
a0247904_183138.jpg
チョビのお墓の周りに
植えておいたのが
いい感じに育って
素敵なスペースになっていた
タンタンは日本から戻ってすぐに
庭に出てお墓参りをしていた






a0247904_12455828.jpg
ペットのいない寂しさに新ペット購入!
ハムスターを2匹買う!
ハムスターにした理由は
寿命が短いから
日本に連れて帰れない
つらさを感じずにすむので・・・
でも、猫のかわいさを知った今
ハムスターじゃ物足りないな~
タンタンは、次々と工作で
秘密基地や通路なんかを作って
あげて楽しんでいる♪

このインドネシアでの生活もあと10ヶ月になった。このいろんな違いを楽しんでいかなきゃな~!
今週は、戻って2週間のストレス発散にカラオケに行ってきた!
a0247904_1175735.jpg
新しくできたカラオケボックス
2時間で250円!
パソコンで歌の検索をするシステム
日本の歌といえば・・・「心の友」by五輪真弓
2回も歌っちゃったから、やっぱり
日本人は「心の友」が好きなんだな~
と思われたことだろう。でも、歌詞がひどかった
[nabita kurete]涙枯れて?
[kadeni tukaitatoki]風に疲れたとき?
[watashi o yoentai]私を呼んで?
「昴」「乾杯」などを渋く歌って楽しむ♪

いよいよ明日から新学期♪ 学生も戻ってくる♪ さあ、どんなハプニングが待っているかな!?
[PR]
by kacchan719 | 2013-03-04 01:08 | 日々のこと