RiaRiaインドネシア!

kacchan719.exblog.jp
ブログトップ

ジャカルタでの休日

土曜、日曜は研修もなく、やっと外の世界へ!
外に出てみると、驚きの連続!!
この週末のびっくりインドネシアをいくつか紹介します。

土曜日は、ナディの家族が新年と私たちの来イを祝ってボゴールに集まってくれました。
ボゴールはジャカルタから1時間半のところにある町で、大きな植物園や、鹿が放し飼いに
なった元大統領邸などがあります。
まずは、ボゴール植物園へ!でも、あいにくの雨・・・今は雨季で毎日、毎日雨!
植物園と言ってもすっごく広いので、車でまわります。そして、日本のように珍しい花とかが
きれいに咲いているのではなく、ジャングルのように熱帯雨林が生い茂った公園といった感じ。
なので、早速タンタンは大きな木から垂れ下がったつるでターザンの特訓開始!

その後、親戚がうじゃうじゃ集まる家へ!
ナディは12人兄弟!そのうち3人の弟と、すぐ上のお姉さんがジャカルタ郊外に在住。
ちょうど今はオップン(おばあさん:ナディのお母さん)もスマトラから来ていて、その他
い~っぱい親戚が集まる! とにかくうじゃうじゃ!
そこで、ナディのバタック民族のお祝いの料理、ブタの丸焼をいただく!
a0247904_0231976.jpg

オップンとカリンコロは初対面!カリンコロはいつものごとく固まっていました。
みんなに会うのは8年ぶり、みんなずいぶん変わっていて、びっくり。
オップンは76歳!インドネシアではかなりの長寿!
8年前、20代で若々しかった弟たちは、皆結婚し、子供もでき、お腹もかなり大きくなり
すっかりおじさんに!
たくさんのいとこに囲まれて、タンタンは折り紙で交流開始!思ったより積極的!
カリンコロは・・・私にべったり!こちらは時間がかかりそう・・・。

ジャカルタ~ボゴールでのびっくり
・ジャカルタの建設ラッシュ!これはすごい!建設中の超高層ビルがあちらこちらに!
 街に勢いがあるという感じ。
・駄菓子屋さんでお買いもの!チョコバー10本、スナック菓子小3袋で10,000ルピア
(約100円!)安い!住宅地の奥にいくつも駄菓子やさんがあって、子供たちは買い食い
しまくり、食べたごみはそこらに捨てまくり!
・泣いた子のあやし方!転んで大泣きしていた1歳の子がピタリと泣きやんだので、
どうしたのかと思ったら、大きな砂糖の容れ物からじかにスプーンで砂糖を子供の口に!
・子煩悩なインドネシア人男子!顔は非常に怖いのに、みんな非常に子供好き!
子供をあやしたり、世話したりしてるのは大抵男の人!イクメンだらけ!
・遊んでいた4歳の子が、いきなり家の中から外に向かって立ちしょん!
外と言っても洗濯物を干したりする家の一部なんだけど・・・。


日曜日はラグナン動物園へ!
ナディの元同僚の宮さん一家(日本人の宮さん、ジャワ人のご主人、セイナ君7歳、エリちゃん4歳)
と一緒にコモドドラゴンがいるという動物園へ!

今日も朝から雨。今年は異常に雨が多いらしく、ジャカルタも洪水が心配されているらしい。
動物園もだだっ広い!そして、動物はわずかで、レトロな遊具や、お店がいっぱい!
そして、ひろい園内をバイク、自転車、馬車、汽車の形の車が走りまわる!しかも、超スピードで!
汽車型の車は、ものすごいスピードで、汽車の先頭(外)に座った人が、警笛を鳴らしまくり
歩行者に「どけどけどけ~」ってな勢いで走っていて、園内なのにボーっとしてたらはねられそう!

両性は虫類好きのタンタンは、コモドドラゴンが見られた上に、道端にいたヘビ使いのおじさんに
大きなヘビを首に巻いてもらい、「人生で一番嬉しかった~!インドネシアに来てよかった~!」
と大満足!
a0247904_1174491.jpg

園内には地図が1つしかない!なので、どこになにがいるのかさっぱりわからない!
動物はほとんど見当たらず、結局、ほとんどをレトロな遊園地ですごす。
その遊園地の遊具もまた、ものすごいスピードで動く!小さい子が乗る汽車ポッポまでも
超高速なので、遠心力で飛ばされるのではないかと恐ろしくなるほど。
かと思うと、途中で止まってしまって、係員に押して戻って来たり・・・まあ、いろんな意味で
楽しめました。

動物園でのびっくり!
・ごみがいっぱい!レストランとかはなく、園内にいろんなものを売っている露店がいっぱいあるから、
みんなシートを敷いて、そこらじゅうで食べまくって、ごみはそのまま・・・そりゃ汚いったらない!
・厚着の人がいっぱい。カリンコロが汗でぐっちょりになっているのに、革ジャンや、ファー
のついたジャケットを着ている人がいっぱい。
お土産屋さんで売っている着ぐるみを着せられた赤ちゃんがいっぱい!あせもはできないのかな?
a0247904_1251295.jpg

・人だかりのお店の前で、女の子を抱えておしっこジャー!店頭でよ!お客さんがよ!
a0247904_127343.jpg


まあ、とにかく疲れました。

昨年の春に来イしたセイナ君たちがインドネシア語がペラペラだったので、触発されたのか
子供たちも、ちょっとずつインドネシア語に興味を示し始めた様子。
でも、なぜか最初に覚えた言葉は「ススギギ」=「爪楊枝」でした!
[PR]
by kacchan719 | 2012-01-09 01:48 | 日々のこと